Surface Proをパソコン素人が購入した感想と充電器が壊れたときの体験談

私はパソコンにそんなに詳しくありませんし、ネットサーフィンやYoutubeを見る、Microsoft Officeの使用程度しか使用していません。私と同じような方で、パソコンを購入しようかなと思っている方はご参考にして頂けると幸いです。

Surface Proの購入した理由

私は4年間使用していたレッツノートという種類のノートパソコンが電源のスイッチは起動するのですが、ハードディスクが破損してしまい黒い画面から通常の画面へ移行できず、使用できない状態になりました。通っていた大学が推奨していたパソコンであり、当時18万円程度で購入したのですが、大学で修理や保障などについて確認したところ10万以上費用がかかるということを言われ、ノートパソコンですがとても重量感がありカバンにもギリギリ入るくらいであり、持ち運びには不便であったこともあり、修理をあきらめ新しいノートパソコンを購入しようと思いました。

私はパソコンに全然詳しくなく、ゲームをするわけでもないため、Youtubeなどの動画がスムーズに見れ、動画を見ながら他のOfficeソフトなどの作業をしてもフリーズせず、持ち運びが良くて小さいもの、なるべくなら画面が綺麗なものが良いと思いました。そして、何より安いパソコンが良いと思いました。当時考えていた予算は7万円程度が良いと思いました。

値段的にもLenovaのYOGAというパソコンが予算に収まりそうで、また、小さく持ち運びが良く、デザインがとてもかっこよくていいなと思っていました。しかし、家電屋の店員と相談したときにOfficeが対応しておらず、Office に近いアプリしか対応していないということ、動画と一緒に作業したときや、性能の観点からSurface Proの方をおすすめして頂きました。

そこでSurface Proを見させて頂いたところ、画面がとてもきれいであり、タブレットにできて持ち運びにすごく便利でとても良いなと思いました。また、Microsoft Officeが付属しているため、追加での費用がかからないのは良いなと思いました。ただ、予算が7万円程度であったのに対して、定価が12万円であったため非常に悩みました。ただ、店員さんに要望のパソコンの場合、10万円は必要ということで、Surface Proに決めました。

私が購入したのは2015年に発売したSurface Pro4、Core m3、128 GBというものになります。Surface Proシリーズは、容量などのスペックによって値段が異なります。私が購入したのはSurface Pro4の中では一番安いものになります。

当時、Surface Proの五世代目Surface Book with Performance Baseが2017年4月に出るということもあり、一つ型が古くなることから、Surface Pro4のキャンペーン中であったため、少し安い値段で購入することができました。

定価では12万円、キーボード1万6千円くらいなのですが、キャンペーン中のためセットでSurface Pro4とキーボード付きで10万円で購入させていただきました。このセットを購入したときにたまったポイントでウイルスバスターを購入しました。とても良い買い物ができたなと思いましたが、私は値切ることが苦手なタイプであり、価格.comで値段を見たところ家電量販店よりとても安く購入できることを知りました。通販で購入した方が良かったかもと思いました。

ただ、家電量販店では実物を見て判断でき、専門スタッフによる商品説明がる。また、通販より店舗のほうが安心して購入できるというところはメリットかなと思いました。

ただ、家電量販店の場合値引き交渉ができないと高い値段で買わされてしまう。

交渉うまい人は同じ値段でポイント多くつけてもらえて、なんか付属品までつけてもらって交渉上手い人と下手な人で値段に差が出るというのは不公平な気がします...

Surface Pro4を1年間使用しての良いところと残念な点

私がSurfacePro4を購入して1年経過しても、充電器が故障したこと以外は特に問題なく使うことができています。私はパソコンにそれほど詳しくなく、素人目線の見解になりますが、Surfaceのおすすめの点や残念な点、タブレットモードの使い道などについて書いています。

1年使ってみてSurfaceのおすすめなところ

①ディスプレイの画質が良くてきれい

②持ち運びが便利

③タブレットモードが意外と使える

④座りながら使いやすい

⑤充電が長持ち

①ディスプレイの画質が良くてきれい

ディスプレイの画質がとても良くて気に入っています。私はパソコンでアマゾンプライムやYoutubeを頻繁に見るため、とても良いと感じています。以前使用していたノートパソコンに比べても良いと思っています。友達に見せたら、こんなに画質が良いのかと驚いていました。

持ち運びが便利

以前のレッツノートはでかいタイプを購入していたため、持ち運びがとても不便でした。Surfaceは本体の厚さは薄いですし、重さも重くなくて便利です。

レッツノートを使っていた頃は、ギリギリカバンに収まる大きさでしたが、今では余裕でパソコンケースに入れたSurfaceをカバンに収めることができています。

タブレットモードが意外と使える

タブレットモードは購入してすぐは、意外と使いどころがないなと思っていました。ご飯を食べながら、アマゾンプライムやyoutubeを見るときに、キーボードがあると場所を取り邪魔ですが、キーボードを外してタブレットモードにすると、場所を取らず食器が並んでいても見ながらご飯を食べられるので便利です。Surfaceの後ろにスタンドがあるため、ご飯を食べながらの場合はタブレットよりも見やすいかもしれません。その他、他の人に資料などを見せるときはタブレットモードの方が見せやすく便利です。

座りながら使いやすい

普通のノートパソコンと違って、Surfaceの後ろに開くスタンドがあり、これを膝に挟むようにすると、安定した画面の角度で操作することができます。言葉では説明しにくいのですが、座りながらパソコンで入力するときなどに安定して操作できて、便利です。

充電も思った以上に長持ち

充電が思った以上に長く使えるので、外出などのときには便利です。普通に使用する分には困らないと思います。

Surfaceの残念だった点

①充電器の故障が早い

②家電量販店での修理ができない

③時々、キーボードモードに戻りにくい

④家電量販店で修理ができない

⑤DVDやCDを入れるところがない

①充電器の故障が早い ②家電量販店での修理ができない

Surface Pro4を使い始めて2ヶ月くらいのときに、Surfaceの充電器を挿しても充電されていないことに気付き、とても焦ったことがあります。始めはパソコン側に問題があると思っていたのですが、今まで充電器をコンセントに挿すと充電器の先端が白いランプが光るのですが、光っていないことに気付きました。コンセントを挿したときに一瞬だけ光、その間はパソコンの方も充電マークが付くのですが、すぐにランプが消え、充電もされなくなることがわかりました。このことから、充電器に問題があるのではないかと思いました。

すぐに購入させて頂いた家電量販店で修理をお願いしようと思いました。ですが、家電量販店では修理ができないと言われました。Surfaceの修理はMicrosoftでないと修理ができず、郵送などとても面倒であり、また時間もかかると想定されますのでとても困りました。購入して2ヵ月であり、本体の初期不良の可能性もあるため郵送するか少し迷いましたが、充電器の方の問題の可能性が高いと思っていたので、郵送しませんでした。郵送するとその間パソコンがない状態になるのが嫌でした。幸い、充電器の故障である可能性が高かったので、充電器は家電量販店で購入できるということを店員さんに提案頂き、充電器の購入を検討しました。しかし、お値段が純正のものは11000円するということでとても高く驚きました。まだ2ヶ月であり、また故障したらと思うと中々決断できませんでした。

そこで、amazonや楽天でもう少し安く購入できないかと調べてみると、amazonで純正でない代用充電器が3000円程度で出品されていました。これ対応しているのか不安でしたが、純正より長持ちというコメントなども拝見し、純正に比べてとても安かったので、購入して試してみることにしました。購入してみたところ、充電マークが付き正常戻り安心しました。また、充電速度も遅くなかったです。その後、純正ではないですが、現在まで2年間問題なく使えています。

ネットで調べてみたところ、SurfacePro4に関しては充電器の故障されていた方が他にもおり、壊れやすかったのかもしれません。現在の新しいモデルのSurfaceが充電器が壊れにくくなっている可能性もあります。

あるいは、ネットで代用充電器を購入することができたため、Microsoftにお願いすることはありませんでした。もし、本体に異常があった場合に少し面倒ではあります。

amazonで充電器を見てみると、純正ではない代用充電器が2000円程度で安かったので、購入してみて試してみました。購入してみたところ、電源が付き正常に戻りました。充電器はその後、純正ではないですが、現在まで2年間問題なく使えています。

ネットで調べてみたところ、SurfacePro4に関しては充電器の故障されていた方が他にもおり、壊れやすかったのかもしれません。

現在の新しいモデルのSurfaceは充電器が壊れにくくなっている可能性もあります。

 

私が当時購入したSurface Pro4用の代用充電器に購入したものは、

Surface pro 充電器, WOSUK磁気置換電源ACアダプター供給Microsoft Surface pro 3 pro 4 Intel Core i5 i7磁気コネクターデスクトップアダプター12V / 2.58A 36W pro 3 pro 4 充電器 (Table power charger)

という商品です。amazonで評価が高いもので、かつ、一番安価なものを購入しました。そして、純正よりも大分値段も安く2000円で購入できました。

お店では純正が売られていることが多く、純正でないものはあまり売られていないと思いますので、amazonや楽天などで購入するのがおすすめです。購入するときにはレビューや商品説明などを詳しく見て、適切に自分のモデルでも使える充電器なのかを見ておいた方が良いと思います。Surface Pro4でない方も、amazonや楽天などでSurface 充電器で調べると安い充電器が検索結果に出てくると思います。

純正の場合は故障しやすいというのがある可能性もありますので、もし、故障した際には、純正でない代用充電器を購入することも検討してみるのがおすすめします。また、値段が安価なため、スペアとして上記の充電器を購入して持っておくのもありかなと思います。

しばしばキーボードモードに戻りにくい

タブレットモードから、キーボードを付けて戻してすぐにキーボードの反応がないことがありました。何回か付けたり外したりしたり、少し時間が経ってから使えるようになるということが、何回かありました。時々、接触のためかしばしばそのようなことが起こります。2年以上使用していますが、何度試しても全くキーボードが反応しなくなるということは現状ないです。

DVDやCDを入れるところがない

以前使用していたレッツノートにはDVDやCDを入れるところがあり、視聴することができていましたが、Surfaceにはそもそも入れるところがあるため、視聴することができません。本体が薄いので入れるところがないのは見てすぐわかりました。家電量販店に数店舗行きましたが、10万円以下でDVDなどが視聴できるノートパソコンはほとんどなかったように思います。しかし、USB部分を利用して外付けでDVDドライブを購入すると視聴できるということがわかり、必要なときに購入すれば良いかと思いました。

まとめ

素人目線での良かったところと残念だった点を書かせて頂きました。私自身パソコンに詳しくないということ、また、新モデルが現在どうなっているかあまり良くわかりませんので、購入される際には、amazonや楽天などの購入レビューやパソコンの詳しい方の評価などを参考にするのがおすすめです。

特化型ブログで半年間運営したときのアクセス数と収益

特化型ブログ運営概要と経緯

私は以前2018年に独自ドメインで特化型のブログ運営をしていました。運営は6ヵ月間だけで、そのあと就職を機会にブログは削除してしまいました。

特化型ブログを始めようと思った理由は、特化型ブログの前に始めていた雑記ブログが思うように伸び悩み、特化型ブログは雑記ブログよりも検索エンジンに評価されやすくアクセス数が伸びやすい、読者の信頼性が高まるということを見て、試しにやってみたくなったことがきっかけでした。

運営していたブログは以前私が実際に経験した資格系に特化したブログでした。ブログでは、その資格に合格するために必要だった勉強時間であったり、勉強方法、おすすめの参考書、おすすめの予備校や通信講座などを記載しておりました。そのため、主に参考書の販売がアフィリエイトとして広告の貼付をしておりました。グーグルアドセンスはしていませんでしたが、ちょこちょこクリック型を貼付てみてどんなものか試してみたりはしました。

以下、特化型ブログを初心者で素人の私が運営した場合の結果について記載しております。

資格系特化型ブログ半年間の運営結果

開始2週間目のアクセス数と収益

ユーザー数 19

アクセス数 45 

記事数 21

ドメイン:独自ドメイン

収益:ほぼ0円

運営していた雑記ブログの3週間時点でのデータがあったので、比較してみました。

雑記ブログ3週間目

記事数 18記事 

アクセス数 44 pv

ドメイン:無料はてなブログ

特化型ブログの方が3記事ほど多いですが、アクセス数は2週間にも関わらず雑記ブログよりも多かったです。また、直帰率も特化型ブログの方が良かったです。

ドメインは新規独自ドメインで、ドメインパワーが雑記ブログより低いと思われますが、2週間時点では雑記ブログよりアクセス数が多かったです。

1ヶ月目のアクセス数収益記事数

1ヶ月目の記事数合計:34記事

1ヶ月目はほとんど毎日更新していました。

1ヶ月目のアクセス数

ユーザー数 51

アクセス数pv数 105

1日の最低アクセス数  0

1日の最高アクセス数 14

1ヶ月目ではやはりまだまだ1日のアクセス数は、伸びないということがわかりました。2週間目と比較すると、アクセス数は2倍です。ということは、期間も2倍になっているので、2週間目とそれほど伸びは変わっていないことがわかります。

アクセス数がまだ0の日も多く、最高アクセス数も14しかありませんでした。2ヶ月目の

1ヶ月目の収益:0円

 

雑記ブログと比較

1ヶ月目の雑記ブログのアクセス数収益記事数

記事数 27

アクセス数pv数 124

1日の最大PV数 21

1日の最低PV数 0

収益 0円

雑記ブログの方が意外とアクセス数が多いという結果になりました。記事数は特化型ブログの方が多いですが、アクセス数の合計は雑記ブログの方が多くなりました。

これは、特化型ブログの場合は独自ドメインを使っているということ、wordpressを使っているからだと思います。雑記ブログの場合、1ヶ月目はまだはてなブログの無料ドメインだったのと、はてなブログの集客力の違いだと思います。

1ヶ月半でのアクセス数収益記事数

1ヶ月半での合計記事数:47記事

ほとんど毎日は更新できていましたが、時々更新できていない日もありました。当初の予定では更新を早めていこうと思っていましたが、アクセス数が伸びないこともあり、モチベーションが上がりませんでした。

1ヶ月半でのアクセス数

合計ユーザー数 66

合計アクセス数 141 pv

1日の最低アクセス数  0

1日の最高アクセス数 16 pv

1ヶ月半が経過していてもまだまだアクセス数が伸びていませんでした。記事数を重ねてもまだまだアクセス数は0,1,2の日がほとんどでした。

1ヶ月半での収益:0円

 

雑記ブログとの比較

運営していた雑記ブログと比較してみました。1ヶ月3周目時点で、

ユーザー数 418

合計アクセス数 756 pv

雑記ブログでもアクセス数が、特化型ブログより多いことがわかります。特化型ブログは独自ドメイン+wordpressで運営、雑記ブログははてんブログ+はてな無料ドメインでした。無料はてなブログのドメインの強さに驚きました。

2ヶ月目のアクセス数・収益・記事数

[2ヶ月目の記事数]

1ヶ月目の記事数:34

   ⇩追加記事数:45

2ヶ月目の記事数:79

毎日3記事以上の更新を目指していましたが、資料を集めたり、記事の統合やリライトなどをしたため、1.5/日しか更新することができませんでした。

[2ヶ月目のアクセス数]

ユーザー数:70

アクセス数pv数 120

1日の最低アクセス数  0

1日の最高アクセス数 13

1ヶ月目と比較してほんの少しアクセス数が増えました。ですが、ほとんど変わりはなく、まだアクセス数が0の日もあります。最近ようやく1日にアクセス数が3とか4ある日が増えてきました。3ヶ月目では1日20アクセス数くらいには到達してほしいです。

[2ヶ月目の収益]

2ヶ月目の収益:0円

[雑記ブログとの比較]

雑記ブログ2ヶ月目のPV数

2ヶ月目の合計アクセス数 1349

1日の最大アクセス数 115

1日の最低アクセス数 9

平均アクセス数 43.7

2ヶ月目の収益:うまい棒5本分程度

記事数では特化型の方が13記事も多いにも関わらず、雑記ブログの方が2ヶ月目時点では圧倒的にアクセス数を集められています。2ヶ月目ではまだ雑記+無料ドメインの方がアクセス数に優位性があることがわかりました。

3ヶ月目のアクセス数・収益・記事数

[3ヶ月目の記事数]

2ヶ月目の記事数:79

   ⇩追加記事数:21

3ヶ月目の記事数:101

記事数の更新が2ヶ月目より減りました。ですが、1記事あたりの文字数が増え、作業時間そのものは減少しませんでした。1記事は2000字を超えることも増え、時には3000字を超えることもあり、最低でも1500字程度は超えるようになっていました。

[3ヶ月目のアクセス数]

ユーザー数:397

アクセス数pv数:791 pv

1日の最低アクセス数:2 pv

1日の最高アクセス数:109 pv

3ヶ月目は3ヶ月が経過するときだからか、100記事に近づいたからか、アクセス数は上昇しました。2ヶ月目と1週経過後はアクセス数が2pv程度で全然アクセス数が増えないなと思っていました。しかし、2ヶ月と2週くらいが経過した頃、20 pv程度のアクセス数が来ました。次の日は少し下がりましたが、少しずつアクセス数が集まるようになったという感じがしました。

2ヶ月目の後半にさらにアクセス数が増えるようになり、1日の最高アクセス数が100 pvを超えました。それからまた少し下がりましたが、それでも1日60 pvは集められるようになりました。2ヶ月目と比較して合計アクセス数は6倍以上になりました。

3ヶ月目の収益:0円

アクセス数が1日100 pvを超える日もありましたが、合計アクセス数はまだ少ないのもあり、収益は全くありませんでした。

[雑記ブログとの比較]

このサイトとの比較で、ジャンルが様々で広く役に立つと思うことを書いています。

雑記ブログの3ヶ月目のアクセス数・収益・記事数

雑記ブログ3ヶ月目のPV数

3ヶ月目の合計アクセス数 948

1日の最大アクセス数 50

1日の最低アクセス数 17

3ヶ月目の追加記事数:21

合計記事数 87記事

3ヶ月目の収益:ほとんど0円

雑記ブログでは2ヶ月目の終わりまで無料はてなドメインで運営していました。しかし、3ヶ月目に独自ドメインに変更してアクセス数が減少しました。回遊率やセッション時間は圧倒的に特化型ブログの方が大きく上回っていました。

4ヶ月目のアクセス数・収益・記事数

[4ヶ月目の記事数]

2ヶ月目の記事数:101

   ⇩追加記事数:20

3ヶ月目の記事数:121

 

[4ヶ月目のアクセス数]

ユーザー数:2140

アクセス数:4212 pv

1日の最低アクセス数:25 pv

1日の最高アクセス数:500 pv

4ヶ月目のアクセス数はかなり増加しました。また、瞬間的に500pvとかなりのアクセス数がでました。これは、書いている資格系の試験日の日だったため試験終わりに受験者が合格ラインなどを検索したためだと思います。3ヶ月目の最高109pvが多くの日で超えるようになっていました。

 

4ヶ月目の収益:うまい棒40本分

アクセス数がかなり増えたのにも関わらず、収益は全然ありませんでした。今でこそわかるのですが、検索で見ている方はその試験の情報が欲しいのであって、もう試験は終わっています。そのため、予備校や講座もすでに入っている、参考書での勉強もすでにしているためターゲットにならなかったからだと思います。

アクセス数が増えれば稼げるというわけではないことを痛感しました。

5ヶ月目のアクセス数・収益・記事数

[5ヶ月目の記事数]

4ヶ月目の記事数:121

   ⇩追加記事数:0

5ヶ月目の記事数:121

就職が決まり、ブログの更新を止めてしまったため記事の更新はしていませんでした。

[5ヶ月目のアクセス数]

ユーザー数:4464

アクセス数pv数:9926 pv

1日の最低アクセス数:180 pv

1日の最高アクセス数:910 pv

4ヶ月目よりもアクセス数はさらに超え、大幅にアクセス数が増加しました。ほぼ月間1万pvに到達していました。アクセス数は日に200-300pvになることが多くありました。

 

5ヶ月目の収益:うまい棒約50本分

これだけのアクセス数があっても全然収益には繋がりませんでした。グーグルアドセンスなどで、1PV=0.1円程度稼げるというのと比較すると目も当てられない収益率の悪さです。本の物販などはやはり単価が安すぎるため、難しかったのだと思います。

6ヶ月目のアクセス数・収益・記事数

[6ヶ月目の記事数]

5ヶ月目の記事数:121

   ⇩追加記事数:0

6ヶ月目の記事数:121

5ヶ月目と同様にブログこそ消していませんでしたが、記事の更新は全くしていませんでした。

 

[6ヶ月目のアクセス数]

ユーザー数:4830

アクセス数pv数:10121 pv

1日の最低アクセス数:180 pv

1日の最高アクセス数:720 pv

アクセス数は5ヶ月目よりは1日の最高アクセス数は減少しました。ブログの更新を止めたことからか、アクセス数の伸びは今一つでしたが、1日のアクセス数は400pv程度あり、月間1万pvを超えることができていました。

6ヶ月目の収益:うまい棒約50本分

5ヶ月目と同様に収益は全然なく、稼ぐことはできませんでした。

アクセス数が急激に増加し始めた時期

伸び始めたのが2ヶ月10日頃であり、3ヶ月12日程度までの変化を見ております。

伸び始めから現在までの週ごとのアクセス数とユーザー数のそれぞれの合計の変化は以下のようになります。

伸び始めから

1週目 : アクセス数 120 ユーザー数60

2週目: アクセス数 260 ユーザー数110

3週目 : アクセス数 380 ユーザー数220

4週目 : アクセス数 680 ユーザー数390

5週目 : アクセス数 700 ユーザー数390 (5日目の途中で、2日足りない)

このような推移となっており、アクセス数は毎週1.5~2倍程度ずつ伸びています。

100pv/日を達成したのが3ヶ月直前でした。一度達成してから少しの間減少しましたが、次は150pv/日を10日頃に100pvを超えて達成しました。

その後、5日後の現在200pv/日を達成しました。

この雑記ブログと比べて、リピート人数が多いことや、ページ/セッションが多いなという印象です。

5週目も1.5倍ほど4週目から増加しそうです。

伸び始めからの増加率は以下のようになりました。

      2倍      1.5倍     1.8倍

2ヶ月3週→→→2ヶ月4週目→→→3ヶ月目→→→3ヶ月1週目

 

記事更新頻度について

記事の更新頻度はほとんど毎日1記事程度の頻度を保っています。文字数は1500~3000文字程度のことが多いです。

初収入について

初収入がようやく発生しました!本の物販で、うまい棒5本程度の収益が発生しました!

アクセス数が増え始めた割りには、まだまだ全然だなという感じです。

成約型のアフィリエイトの発生にはまだ時間がかかりそうだなと思います。

特化型の収益を上げるために必要だったこと

資格系の特化型の場合、本の物販では単価が安いため、予備校や講座の資料請求や申込みが単価も良く成約が必要だったなと思います。

資格系の特化型の場合、受験の時期や予備校に入る人が多い時期などのタイミングもあるのではないかと考えられます。私は半年間で試験のある時期であったため、1年間継続していれば物販や予備校や講座の成約が増えていたのかもしれないと感じています。

資格系の特化型ブログは稼げるかどうかと言われると、本の物販が多くなりがちで稼ぎやすいジャンルではないかもしれません。

資格系の特化型の場合、予備校や講座の資料請求が成約しやすく、単価も良いと思うのでおすすめです。私が運営していた資格系のブログのアフィリエイト広告はA8ネットにはない予備校の講座が以下のアクセストレードなどで掲載されていたりしたため、色々なASPに登録して自分のおすすめの予備校の紹介ができるようにしておくのがおすすめです。

株式投資でお金を増やすために行っていること

株式投資を始めた時期と理由

 株式投資を私が始めたのは、転職して1年ほど経過した2019年の夏に始めました。そのため、株式投資に関しては初心者になります。ですが、投資に関してはFXを2-3年程度の経験があります。2016年にFXを始めて2018年まで挑戦していたのですが、上手くいかず結局50万円を30万円まで減らしてしまいました。再び投資をしようと、株式投資を始めてみようと思った理由は、就職で給料が良いところに就職できたとしても、税金で多くを取られサラリーマンでは金持ちになれないということを知ったからということ。投資は早いうちから始めていた方が得だということを知ったからでした。

 サラリーマンは一般的に年功序列であり、若いうちは基本給が30万円を超えず、若いうちは頑張っても多くのお金をもらえない企業がほとんどだと思います。1000万円に到達するのは50代を超えるところが多いですし、そこまでのし上がれるかもわかりません。さらに、年収1000万円だとしても日本は累進課税であり、稼いだだけ税金で差引され、手元に残るのは700万円も残らないでしょう。私は家庭に必要になるお金も大切だと思いますが、若い時期も色々なことに挑戦する活力があるため、若い時のお金の価値は高いと思います。サラリーマンでは若いうちに多くのお金を得ることができず、また、頑張って昇進していったとしてもお金持ちになることはできないことが嫌でした。

 投資や副業の場合、サラリーマンの給料と異なり累進課税ではなく、税金が一律のため給料を上げるよりもどちらかを成功させた方が効率的になります。ですが、私は一度投資やブログアフィリエイトが上手くいかなかった経験があり、難しいことは分かっていました。それでも、あきらめきれず再チャレンジしてみることにしました。

 株式投資を始めようと思ったのは、書店やYoutube などで、高配当株で稼ぎましょうというのを度々見かけるようになったからです。FXの失敗を経験し一般の人がチャート分析や経済を勉強して稼ぐのは難しいと思いました。ですが、この高配当利回りで稼ぐ方法であれば、チャート分析は必要なく、高配当株を取得して後は時間をかけるだけで良いので、誰でも稼ぐことができると思いました。FXよりも良いと思ったのは、銘柄が多く、FXよりも選ぶことができる、年利回り5%以上があり、FXのスワップポイントより高い。一部スワップポイントでFX業者や新興国通貨など利回りが良い通貨ペアがありますが、リスクがある。

 ただし、この方法だと時間をかけるほど複利効果でお金がどんどん増え、また、元のお金が多いほど収益が出るということになります。そのため、お金が少ない今の若いうちからたくさんの利益は得られないということになります。

 短期的にお金を稼ぐことは極めて難しいということがわかり、時間をかけなければいけませんが、お金を稼げるなら仕方ないと思い株式投資を始めました。

株初心者でもより稼ぐために重視していること

 一番大切にしていることは、日経平均株価などが下がったときに高配当株を安く買い、高く売るというとても基本に忠実にすることです。チャート分析というほどではありませんが、日経平均株価移動平均線にぶつかるところあたりでまず買い、さらに下がったら追加で購入するといった分散して購入をしています。そうすることで、高値掴みを避け、利益を得るチャンスを高めています。購入した株の利益が膨らんだら売り、購入した株の損失が出ている場合は継続して保有し、配当をもらいながら利益が出るまでひたすら待つという方法を取っています。そのため、できるだけ安く購入する以外特に難しいことはありません。仮に、高いところで買ってしまったとしても、利回りの良い株であれば長い期間持ち続けるだけで、利得を得られます。

ですが、配当では年利回り5%しか期待できませんし、時間がかかります。値上りはより変動が早いため、より多くの利回りを得ることができる可能性があります。同時に値下がりする可能性もあり、配当以上の損失が出る恐れがあります。そのため、損失分を配当で取り戻すためにはとても時間がかかりますし、配当以上に利益を早い段階で得ることができる可能性があるため、安く購入することは非常に大切だと思います。

 口座にお金があり、色々な雑誌や高配当の情報で良い銘柄があると飛びつきそうになりますが、そこを我慢して安いところで買うように心得ています。

 なので、年2,3回訪れる暴落まで待ち、そこから値上がりしたタイミングで購入しています。

 また、米国株と日本株の両方に投資しており、米国株に比重の重きを置いています。これは、米国株が過去200年上昇し続けており、例え高値掴みをしても今後も長い年月で見れば値上りする可能性が高い、利益を得るチャンスが高いからです。また、米国株はより高配当株が多く、連続増配株も多いためです。

 現在、FXも似たように金利差によるスワップと値上り益を狙った投資をしていますが、株の方が銘柄も多く楽しく、また、安定しているため株の方に投資比重を置いています。

株式投資は楽しい!

 これは個人的な好みですが、FXよりも株式投資の方が楽しいです。サラリーマンで企業に属しているためか色々な会社を知れて楽しいです。

 FXと異なり、色々な銘柄がありどこに次に投資しようかと楽しくなります。ただ、色々な銘柄を見ていると、この株いいなとつい買ってしまいそうになりますが、そこは我慢しています。

 また、FXと異なり優待や配当が届くのも楽しみの一つとなっています。郵便で届くとなんだかとてもわくわくします。

 株式投資でチャートは少し見ていますが、企業情報や財務関係については見てもよくわかりません。勉強するとより株が楽しくなりそうなので、今後勉強しようかなと思っています。その知識は会社の経営などに携わる際に役に立ちそうな気がしています。

 投資を始めてみたいという方は株式投資おすすめです!チャート分析とかですぐに稼ぐのは難しいかもしれませんが、高配当株や優待でじっくり着実に資産を増やしていくのがおすすめです。

利用している取引証券と感想

 楽天証券松井証券を利用しています。楽天はクレジットカードなどを利用させて頂いているためポイントが付く、手数料が安い理由で申込みました。

 松井証券も同様に手数料が安い、口コミランキング上位という理由で申し込みました。

どちらも非常に使いやすく、利用者も多くて安心して利用できます。個人的には楽天クレジットなども利用しているため、楽天を利用したことがある人にはよりおすすめです。

FXでの失敗と稼げるようになったきっかけ

[FXを始めた時期とトレード歴]

 私がFXを始めたのは2016年のとき、大学を卒業して就職する前にFXについて知り、株よりも分かりやすくてチャート分析の方法ややり方を調べたら簡単そうに稼げそうだなと思ったのがきっかけでした。

 FXに関する書籍もいっぱいあり、稼げる方法の通りにすればできる自信がありました。また、株の場合はトレードできる時間が月曜から金曜までの9:00-15:00と短く、稼げる時間が少ないですが、FXは月曜から金曜日の24時間トレードができるところにも魅力を感じました。

 株の場合は、企業ごとにたくさんの銘柄がありますが、FXの場合は通貨ペアがそこまで多くないというところも初心者にはわかりやすく思えました。どれを購入するかを選ぶのに調べる量が少ないということだと思ったからです。

 そんな理由から、FXの口座をとりあえず開設してみました。1通貨から始められ、初心者にも優しそうで、口コミやランキングも上位であったため、SBI FXトレードで始めました。初めてなので、緊張もありましたが、抵抗はあまりありませんでした。それは、口座開設を始める前に、書籍で勉強して、失敗例と成功法を色々見ており、レバレッジにさえ気を付けて無理なトレードをしなければ危険ではないということを知っていたからだと思います。

 SBI FXトレードの口座開設は簡単で、ウェブで口座開設のページに行き、必要な情報を入力して、マイナンバーなどの写真をアップロードするだけでした。

 口座開設をしていよいよトレードをスタートしました。始めは就職前だったことや、失敗したとしても、痛手にならないように、30万円からスタートしました。

 トレードを始めたときにレバレッジは4倍未満でトレード行いました。稼ぎたいという思いもあり、一番トレードが多く稼げるだろうと思ったスキャルピングでトレードを始めることにしました。トレードには一日に何回もトレードする超短期トレードのスキャルピング、1,2日一回程度の短期トレードのデイトレード、週から月単位での長期トレードをスイングトレードというように呼ばれます。

 スキャルピングの書籍の通りにまずはやってみることにしました。手法としては、一番トレードとして簡単そうなライントレードで行いました。ライントレードは、チャートの波の底の部分など、みんなが意識して、その部分を超えると一気にトレンドが続き伸びるところを狙う手法です。

 ただ、実際に書籍の通りにやっても、この微妙なときは当てはまるのかどうか、中々書籍にピッタリ当てはまるところがなく、また、どのタイミングでポジションを手仕舞いして利確するのかがわかりませんでした。また、待てずにトレードしてしまうという失敗をしてしまいました。また、当てはまったとしても勝てないときというのがあり、そこでトレードの難しさをまず痛感しました。

 その次からは、より簡単で誰でも再現性のある手法はないかと色々探してみました。そうしていきついたのが、ロンドンオープン手法や、コイントストレードでした。ロンドンオープン手法は東京時間ではレンジになりやすいという相場の特徴から、ロンドン市場が開始され、値動きが出たときにこのレンジがブレイクされて、そのブレイクされた方向にトレンドが発生しやすいという特徴を利用した手法となります。この手法はFX雑誌で知り、その通りにやってみたところ、勝ったり負けたりでした。続ければ勝てるかもしれませんでしたが、半年くらい継続してこれじゃあ金持ちになれないと思い継続できず断念してしまいました。

 その後、よく分からない我流で色々試したり、書籍やネットの手法を試すものの、中々継続できませんでした。途中で30→50万円に投資金額を増やすも、最後には無理なトレードで30万円まで減ってしまいました。

 2016年から始め、2018年ほどまでトレードをしましたが、FXは普通の一般人には稼げないと、断念し結局サラリーマンは仕事で稼ぐしかないと思ってしまいました。

 

[稼げるようになったきっかけ]

 2016年から2018年までトレードして上手くいかず、少ないですが、資産を減らしてしまいました。そこで、FXを一度止めました。しかし、サラリーマンとして働いていて、税金も高く、物価や消費税も上がりお金の不安が募ってきました。そしてまた、お金を増やす方法について本屋やネットで調べました。調べると、副業としてはYoutubeアフィリエイトせどり、バイト、クラウドソーシング、ランサーズなど、投資では株やFXや不動産投資が出てきました。2016年にFXを始めるときとあまり変わりませんでした。給料以外の方法でお金を増やすためにはこれらのどれかで稼がないといけないのかと思いました。そして、どれも難しいことだということがわかりました。

 消費税や2000万円問題などから、資産運用しましょうというのをよく目にするようになりました。そのとき、株式投資に目を向けると最近は高配当利回りの銘柄に投資をして年率3-5%で着実に資産を増やしましょうというのを見ました。そして、の年率3-5%も毎月数万円投資金額を増やしていくと、2,30年後には億り人になれることを知りました。

 以前のFXの失敗やアフィリエイトの失敗の経験からすぐに稼げないということがわかり、すぐにお金持ちになるのは普通の人にはとても難しいことだとわかりました。なので、すぐにお金持ちにはなれないけど、将来的にでもお金持ちになるためにまたやってみようと思いました。また、この高配当利回りで稼ぐというのはFXのスワップでも似たようなことだと思い、2019年にFXと株の両方の投資をすることにしました。

 トレードとしては、安いところに購入してスワップポイントや優待株や配当で利益を得る。値上がりした場合は売るという極めて基本に忠実にするだけです。安いところまで待つというのは明確な基準を設けていません。とにかく、円高日経平均、暴落時にガクンと落ちたときに買うだけです。ガクンと落ちたときにそれよりももっと落ちることもあるので、全部を投資に回さず、分散してさらに落ちた場合はさらに買いです。そのときまでジッと待ちます。また、超長期に耐えられるようにレバレッジは1から4倍までにしています。今でこそできますが、FXを始めたばかりのときではきっと我慢できず高いところで買ってしまっていただろうなと思います。

[FXで稼げなかったときの失敗]

 2016年から2018年までトレードして50万円を30万円まで減らしてしまったのは、今思うと当然だったなと思います。しかし、その失敗があるから、今ようやくプロの方や著名な方には遠く及びませんが、利益をプラスに持っていけるようになりました。まだ1年間の利益をプラスにできるようになって間もないですが、継続して経済の大きな変動があっても、今年がたまたまプラスになったわけじゃなく、来年もプラスに持っていけるような気がします。そこまでたどり着くのに3年程度かかりました。やっていることは今までよりも多くのことを考えず、安いときに買って高いところで売るということだけです。ただし、以前と異なり短期ではなく超長期での思考に変わったことが大きいと思います。

 一番の失敗は金持ちになりたいという気持ちが強く、早くお金が欲しいと思ってしまったところだと思います。それによって、塩漬けになったり、短期トレードに走ったり、買ったり負けたりに不安になって、手法を長期継続できずに断念してしまったのだと思います。また、どんなに勉強しても普通の人が投資ですぐに金持ちになるのは難しいと思います。

 これらを理解出来ていなかったのが、原因だと思います。多くの書籍でメンタルについて書かれていますが、実際に実行するのはとても難しいことだなと思いました。すぐにお金を稼ぎたいという気持ちを抑えられれば、メンタルのコントロールがしやすいかもしれません。また、すぐに稼げないということを理解するには実際に失敗を経験する必要がある気がします。今は、こういったメンタル的にもすぐに稼ぐというのはあきらめ、スワップと為替レート差による超長期トレードにシフトしております。

 投資もですが、副業などでも失敗する似ている気がします。急がば回れというのが当てはまるなと思います。私はFXで稼ぐのは難しいことだと思います。でも、失敗しても継続していれば、大儲けはできるようにならずとも、年利回り5-20%程度は稼げるようになれると思います。ゆっくりと着実に稼ぐことを意識しています。

[普通の人が稼げるようになるには]

 いきなり稼ぐのは難しいかもしれません。どうしても、いっぱい稼げそうな気がしてしまうと思います。まずは、自分が成功できるかどうかを少額で確かめてから少しずつ投資額を増やすことをおすすめします。最低半年くらいは少額で行ってみると良いのではないかと思います。短期すぎると、たまたまビギナーズラックで儲かっているということもあるためです。

始めてみて、失敗してやめてしまうのは勿体ないです。そのときに、一気に稼ぐという気持ちを捨て、長期でゆっくりと稼ぐということに切り替え、自分のルールを守ることを試してみて欲しいです。超長期投資であれば、チャート分析ができなくても、スワップや配当で着実に増やしていくことができ、元値より高くなったときに売れば良く難しくないからです。

個人的にはFXはスワップポイントの変動があり、レバレッジを高くしてしまう恐れもあるため、株の方をおすすめします。高配当株は年利4-5%ありますし、優待が届くと嬉しいです。こちらの方をおすすめします。

[おすすめの業者]

 FXをするのにおすすめの業者はDMM.com証券 とFX SBIトレードです。

DMM.com証券 はランキング上位であり、会員数も口座開設数も1位か2位なので安心の証券会社です。

 FX SBI トレードもランキング上位であり、DMM.comやの方がおすすめされていることも多いですが、個人的にはSBI が一番使いやすいです。

FX SBIトレードの場合は1万通貨ごとの取引しかできないので、仮に米国ドルが1ドル100円の場合、10万円が必要になります。なので、15万円でも1万通貨しかドル買いできません。ですが、SBIの場合は、1通貨から購入できます。なので、15万円の場合1万5千通貨ドル買いできます。